乳利用の歴史|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

乳利用の歴史

更新日 2021.11.04

2021年11月7日(2021年11月14日 午後7時再放送)
津田 治敏さん (弘前大学農学生命科学部食料資源学科 准教授)
今日は乳(「ちち」ではなくて「にゅう」と読みますよ、そこの方)を人類がいつから食物として利用したかというお話です、ざっくり言うと。今や乳製品(ほぼ牛乳とイコールですが)は全国どこにでもあります。スーパーでは冷蔵ケースの何割かは特売の牛乳と多様な乳製品のためのスペースに充てられているくらいです。育ち盛りの中高生だと、毎日牛乳1本(200じゃなく1㍑)飲んじゃうので、家庭では欠かせないものです。が、冷蔵庫のない時代、牛乳をどうやって飲んでたんでしょう。もしかして飲まない??(。_゚)ハテ?

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点 青森創生人財育成・定着推進協議会