第1回 弘前市公民館関係職員研修会(令和3年6月24日)を開催

更新日 2021.06.28

令和3年6月24日(木)、弘前市教育委員会と共催し、「第1回弘前市公民館関係職員研修会」を弘前市中央公民館岩木館(大研修室)にて開催しました。「弘前型公民館の再構築にむけて① -中央公民館の役割を探る」をテーマに、中央公民館職員を対象とし、公民館の機能と職員の学びについて、グループディスカッションなどによる講座が開かれました。

第1回目となる本研修会では中央公民館職員を対象に8名の参加があり、はじめに弘前大学教育学部越村 康英 准教授から「公民館の機能と公民館職員の役割を再考する」を演題に、他地区の事例紹介や文献資料を交えながら、公民館の機能や職員の役割について、講演がありました。社会教育事業を行うなかで必要な、地域社会のテーマのくみ取り方や、公民館職員に求められる姿勢、弘前市公民館の強みなど多岐にわたってお話がありました。

次に、弘前市公民館活動等活性化アドバイザー野口 拓郎 氏から、中央公民館職員と地区公民館との関わり方や、地区公民館を取り巻く環境についてなど、公民館職員に期待される役割について講演がありました。

最後に、研修会の感想共有、地区公民館が輝くためにという2つのテーマについて、グループディスカッションが行われました。参加者からは新しいアイディアがたくさん提案され、活発な意見交換が行われました。

弘前大学教育学部准教授の越村康英氏による講演の様子
会場全体の様子
グループディスカッションの様子
グループディスカッション後の発表の様子

[カテゴリー:お知らせ活動報告]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点