ロボットリハビリテーション|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

ロボットリハビリテーション

更新日 2020.11.01

2020年11月1日(2020年11月8日 午後7時再放送)
津田 英一さん(弘前大学大学院医学研究科リハビリテーション医学講座 教授)
けがの治療をしたり、病気で身体が不自由になったりすると、リハビリ(リハビリテーション)をすることになります。普通に「リハビリしてくる」というとなにやら骨休めしにいくみたいに聞こえますが、実際のリハビリテーションはもちろん医療です。広い部屋で介助されつつ歩行器を使ったりするイメージなんですが、その実態は多くの人が受けているにもかかわらず意外に知られていません。今回は4回シリーズでリハビリテーションのいまをお届けします。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点