子供の腎臓病と学校検尿の意義について|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

子供の腎臓病と学校検尿の意義について

更新日 2014.01.07

2014年1月7日(1月14日午後7時再放送)
田中 完(弘前大学教育学部教育保健講座)
敦賀 和志(大学院医学研究科小児科学講座)
今わが国では小学校と中学校の合わせて9年間、全ての児童生徒の尿による健診を行っています。それほど複雑な検査ではないとはいえ、これは膨大な経費と手間がかかる健診です。なぜこれほどの大掛かりな健診を行うのか、その意味や効果は。今回はこうした解説をするとともに、この事について、リスナーからの質問にも答えていただきました。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点