タバコと肺の病気の話|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

タバコと肺の病気の話

更新日 2009.01.11

2009年1月11日(1月16日再放送)
高梨信吾先生(弘前大学大学院 医学研究科 循環呼吸腎臓内科学講座)
いまやタバコは目の敵です。たくさんの税金を納め、肩身の狭い思いをして吸っているのにまだいじめるのか?そう思っているあなた、実はもっと恐ろしい事実がありました。タバコを吸うと、がんよりも身近にCOPDという病気が待っていたのです。最近年のせいかすぐ息切れがする、というあなたのすぐ背後には、もう元の健康体には戻れなくなるCOPDが迫っているのです。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点