糖尿病とのお付き合い=気長に切れずに前向きに|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

糖尿病とのお付き合い=気長に切れずに前向きに

更新日 2009.01.25

2009年1月25日(2月1日再放送)
冨澤登志子先生(弘前大学大学院 保健学研究科)
糖尿病という病気はたいへん怖い病気です。が、病気に対する自覚がないことがより一層怖いのです。近年、みなさんの周りに糖尿病の方や糖尿病予備軍の方が増えてきたのではありませんか?ある調査では摂取カロリーは増えていないとも言われています。では、なぜ糖尿病が?それは消費すること、つまり運動量が減っていることが大きいというのです。糖尿病と付き合うには。今日はそんなお話です。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点