フランスと映像文化/映像文化とフランス|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

フランスと映像文化/映像文化とフランス

更新日 2007.02.18

2007年2月18日(2月25日再放送)
熊野真規子先生(弘前大学 人文学部 コミュニケーション講座)
「記憶を持った鏡」が生まれたのは1839年8月19日のことでした。その後60年を待たずに映写式の映画が誕生しています。いずれもフランスで、です。しかも、その初期の映画は、スクリーンサイズ24m×30mというとてつもなく巨大なものでした。 みなさんの中には幼い頃、雨戸の節穴から漏れた光が像を結ぶのを「発見」した経験を持っている人がいるはずです。人類はいかにして映像を記録し、映像が動く姿を楽しんできたのか。じっくりとお聴きください。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点