弘前大学地域創生本部ボランティアセンターが 令和2年度第1回市民ボランティア講座『子どもの居場所づくりフォーラム』を開催

更新日 2020.12.08

 弘前大学地域創生本部ボランティアセンターでは,一般社団法人みらいねっと弘前と共催で,令和2年11月29日(日)に弘前市総合学習センター大会議室にて,今年度1回目となる市民ボランティア講座「人が繋がる地域の居場所づくりについて」を対面型とオンラインのハイブリットで開催しました。
 本センターでは平成27年度から,弘前市,社会福祉法人弘前市社会福祉協議会と連携し,弘前市内の生活困窮世帯の小・中学生を対象に,子ども達の学力向上を通じて貧困の連鎖を断ち切ることを目的とした学習支援活動を行ってきました。また,昨年度からは子どもの貧困問題へ積極的に取り組み,公開講座の実施や青森県社会福祉協議会等と連携し,市内子ども食堂の充実に向けた取組を実施してきました。本講座は,子どもが自分らしく過ごせる子供の居場所づくりにかかわる人々と,よりよい子どもの居場所をどのように作り上げていくかを語り合うことを目的として開催されました。
 当日は,会場での参加が48名,オンライン(ZOOM)での参加が14名,青森市に設置されたパブリックビューイングからの参加が10名,合計で72名の参加がありました。講演中のワークでは,初対面同士でありながらも,参加者同士が活発に意見交換をしあう場面がみられました。また,会場とオンラインの参加者から講師やシンポリストに対して,事業モデルやボランティア活動など様々な観点から活発に質問があり,参加者が一体となって子どもの居場所づくりについて考える機会となりました。
 本講座は2部構成で開催され,第1部は基調講演として,石巻市こどもセンターらいつ事務局長 吉川恭平氏を講師に迎え,「子どもの育ちとよりよい居場所づくり」をテーマとして,講演が行われました。講演では,子どもセンターらいつのコンセプトや建設プロセスについて説明があった後,子どもが安心して自分らしくいられる環境づくりや,子どもが1人の主体としていられる環境づくり,地域で子どもを見守る環境づくりについて講演がありました。その中で,子どもを1人の人として向き合い,話を聞き,声を拾い上げる大人の存在の重要性などについて講演がありました。
 第2部は,基調講演講師の吉川氏,子ども食堂すこやかプロジェクト事務局長 佐藤まさ 氏,株式会社池田介護研究所代表取締役 池田右文氏の3名をパネリストに迎え,本学人文社会科学部教授・ボランティアセンター長 李 永俊の進行のもと,「子どもにとってよりよい居場所づくりのつくり方」をテーマとしたパネルディスカッションが行われました。まず,佐藤氏,池田氏から,現在行っている事業について説明があったのち,参加者との間で議論が交わされました。参加者からは,金銭面や物資面のやりくりに関する内容など,運営面に関して,より具体的な質問が挙がるなど,パネリスト・参加者双方でよりよい子どもの居場所をつくるために必要なことを真剣に考える時間となりました。

 本センターでは今後も地域課題解決に資する様々な取組を行っていく予定です。
【弘前大学地域創生本部ボランティアセンターHP:https://huvc.net/】

主催挨拶する鹿内理事長
基調講演する吉川氏
リモート実施の様子
パネルディスカッション

[カテゴリー:お知らせ新着情報]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点