弘前大学 地域創生本部
弘前大学 地域創生本部 弘前大学 地域創生本部

平成30年度第3回地方創生ネットワーク会議を開催しました。

更新日 2019.02.20

弘前大学は,平成31年2月14日(木),15日(金)に青森県八戸市にて「平成30年度第3回地方創生ネットワーク会議」を開催しました。当会議は,弘前大学と包括連携協定を締結している青森県内の自治体,金融機関,経済団体等が連携して,当該地域における地方創生を推進することを目的として平成29年度から開催しています。
今年度第3回目となる本会議1日目は,八戸プラザホテルで開催され,約70名が出席,それぞれの機関における地方創生の取組が紹介されました。

1日目の会議では,本学理事(社会連携担当)・副学長 石川 隆洋から挨拶があり,続いて青い森信用金庫 理事長 益子 政士 氏から「青い森信用金庫の地方創生への取組」と題して基調講演が行われました。益子理事長からは,青い森信用金庫の特徴的な取組の紹介があり,信用金庫の原点でもある助け合い,共助の心がこれからの地域において重要であることについて,ご講演いただきました。次に,各機関からの情報提供として,青森県企画政策部企画調整課長 奥田昌範氏から,青森県基本計画『選ばれる青森』への挑戦について説明があり,弘前大学農学生命科学部 助教 正木 卓からは三八地域における農業振興の課題について,一般財団法人tsumugu代表理事 小寺 将太 氏からは青森県内の地域・起業を舞台とした学生の“挑戦”を育む取組についてそれぞれ情報提供がありました。最後に,八戸市長 小林 眞 氏から「八戸市のまちづくりについて」と題して,八戸市の自然資源,文化,歴史について紹介があり,八戸市における特徴的な取組等について講話をいただきました。

2日目は,種差海岸インフォメーションセンター,八戸酒類株式会社,マチニワ,八戸市庁展望台を視察し,同市内の地方創生に係る取組についての紹介がありました。

弘前大学地域創生本部では,今後も青森県内の自治体とさらに連携を強化し,地域課題に対し様々な取組を行い,地域課題解決及び地域活性化に寄与して参ります。

会議冒頭挨拶する石川理事
基調講演する青い森信用金庫益子理事長
会議場の様子
話題提供する青森県企画政策部企画調整課 奥田基本計画推進グループマネージャー
話題提供する正木教員
話題提供する一般社団法人tsumugu小寺代表理事
講話する小林八戸市長
情報交換会で挨拶する佐藤学長
種差海岸インフォメーションセンター
視察先の八戸酒類株式会社で酒造りの工程を説明する八鶴工場杜氏の加藤氏

[カテゴリー:新着情報]

活動報告 イベント情報
地域課題に関する相談
弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業