青森県民のがん死亡を減らそう|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

青森県民のがん死亡を減らそう

更新日 2015.08.09

2015年8月9日(8月16日午後7時再放送)
松坂方士先生(弘前大学大学院医学研究科地域がん疫学講座)
中嶋もも子さん(アシスタント)
がんで亡くなる人は平均寿命が長い国ほど多くなる傾向があるそうです。ある意味、長生き社会の証明のような気がします。ところが、我が国ではがんで亡くなる人が一番多いのは青森県なんです。あれ?ヘンですヨ。たしか、青森県は全国一寿命が短いんじゃなかったっけ?このカラクリはなかなか複雑そうですよ。今回はこのカラクリの解明に挑む寄附講座のしくみも合わせてお届けします。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点