ひろだい学生めしレシピコンテスト 受賞作品発表|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

ひろだい学生めしレシピコンテスト 受賞作品発表

ひろだい学生めしレシピコンテスト 受賞作品発表

たくさんのご応募ありがとうございました。ご応募いただいた作品の中から、書類審査、試食審査を行い、受賞レシピが決まりました。
また、素敵なレシピが多く審査が難航したため、奨励賞を設けることとなりました。
※応募要項ページはこちら

最優秀賞

貝焼き味噌風玉子丼 (佐藤さん 黒石市 一般)

ひろだい学生めしレシピコンテスト
講評
  • 帆立のおだしが効いていてごはんによく合いました。帆立を使っているのに安価な点や、作りやすい点がよいと思いました。
  • ホタテという青森を代表する食材をしっかり味わうことができる、やさしい、なつかしい味だと思います。
  • ボイルベビーホタテは店頭でよく見かけますが、なんだかんだ手が出ない所がありました。このレシピを知っていれば簡単においしく調理できると思います。日常に郷土料理をとりいれられる良いレシピだと思います。

  

レシピ

使用した県産品
ベビーホタテ、たまご
コツ・アピールポイント
青森の郷土料理「貝焼き味噌」からヒントを得て、学生さんでも簡単にできるレシピにしました。食材も手に入りやすいものなので作りやすいと思います。
材料 作り方
  • ベビーホタテ5個
  • 卵 2個
  • 水 100cc
  • だしの素 小さじ1
  • 味噌 大さじ1
  • 日本酒(あれば) 小さじ1
  • ねぎ お好みで

※卵は割ってといておく

  1. フライパンに水、だしの素、日本酒を入れて火にかけ、味噌を溶く。
  2. ふつふつしてきたらベビーホタテを入れ、といておいた卵を回しかける。
  3. 卵に半分ほど火が通ったところで火を止めて1分ほどおく。
  4. ご飯の上にかけ、お好みでねぎを散らしてできあがり。
  • 調理時間 15分
  • カロリー 594kcal
  • 塩分 3.5g
作り方を動画で見る

優秀賞

津軽漬け丼 (吉田 幸子さん 五所川原市 一般)

ひろだい学生めしレシピコンテスト
講評
  • アボカドと合うとは面白い組み合わせだと思いました。簡単だと思います。
  • 津軽漬けを丼にする点がとてもユニークで、青森らしさを感じた一品です。津軽漬けの独特な風味がアボカドとトマトで上手くなじんでいて、苦手な人でも食べられそうでした。

  

レシピ

使用した県産品
青天の霹靂(米)、鎌田屋の津軽漬け、プチトマト
コツ・アピールポイント
材料を切って混ぜるだけ。火を使わず簡単に出来て、さらに美味い。言うことなしです!
材料 作り方
  • 鎌田屋の津軽漬けデラパック 1袋
  • アボカド 1個
  • プチトマト 4個
  • ブロッコリースプラウト 少々
  • ※上記材料は3人分です。

  1. アボカドを角切りにする。
  2. プチトマトを4当分にする。
  3. 1.と2.をボールに移し、鎌田屋の津軽漬けと和え、10分ほど馴染ませる。
  4. 丼にご飯を盛り、3.をのっける。
  5. ブロッコリースプラウトを飾って完成!
  • 調理時間 15分
  • カロリー 496kcal
  • 塩分 1.1g

学長特別賞

キーマカレー?いいえ、ケーマ(メ)カレー丼です! (大石順子さん 静岡県 一般)

ひろだい学生めしレシピコンテスト
講評
  • レンジだけでできるのは楽だと思います。りんごの赤と毛豆の緑の色が映えます。
  • 毛豆とキーマのダジャレも良いと思います。味も美味しかったです。
  • フライパンを使わないレシピで良かったです。みじん切りだけ乗り越えればあとはカレーになるお手軽さ、そして見た目にも訴える青森感。「青森=りんご」というイメージを最大限に利用しているなと思います。

  

レシピ

使用した県産品
りんご(つがる)、にんにく、毛豆
コツ・アピールポイント
弘前で暮らしているのであればりんごの恩恵を受けましょう。りんごの甘味や酸味はカレーの味を深くします。また、内臓脂肪を減らす機能があるプロシアニジンも含まれています。りんごを生食だけでなく、お料理にもたっぷりと使い、健康で、お財布にもやさしい丼を食べてください。
材料 作り方
まとめて2人分を作り、余ったカレーは朝食のトーストに載せ、チーズをかけて焼きましょう。

  • りんご 1/2個(1人分、1/4個)
  • 豚ひき肉 150g(1人分、75g)
  • 玉ねぎ 1/4個(1人分、1/8個)
  • にんにく 1かけ
  • しょうが(チューブ) 少々
  • ウスターソース 大1
  • カレールウ 2かけ
  • 毛豆(枝豆) 1つかみ(季節により冷凍枝豆)
  • ごはん 適量
  1. りんご、玉ねぎ、にんにくは大きめのみじん切り。(面倒であれば、ホームセンターで売っている「みじん切り器」を使いましょう。)
  2. 飛び散らないよう大きめのガラスボウルに、りんごと豚ひき肉、しょうが(チューブ)、玉ねぎ、にんにく、ウスターソース、カレールウを入れ、軽くラップして、600W、5分、レンチンします。
  3. 軽くかき混ぜて、再び、600W、5分、レンチンします。
  4. 丼に、ごはん、その上にカレーをかけ、茹でた毛豆と、余ったりんごで木の葉の飾り切りなど(温泉卵もいいかも)を載せ、出来上がり。
  • 調理時間 15分
  • カロリー 677kcal
  • 塩分 2.6g

奨励賞

さばの味噌貝焼き丼

ひろだい学生めしレシピコンテスト

講評
  • 手軽に魚を摂れるのが良いと思います。臭み消しのねぎも良い働きをしていました。ねぎが苦手な方はしょうがでも良いかもしれません。
  • 貝焼味噌をサバでアレンジしていた点がユニークでした。味噌に津軽味噌を使用することで青森らしさがより際立った丼になったと思います。


ガッツリだけどサッパリ食べれる3食丼

ひろだい学生めしレシピコンテスト

講評
  • ネーミング通りの丼でした。3種の味・食感が楽しめて最後まで飽きずに食べられそうです。アボカドでビタミンEが摂れるのが女子には嬉しいです。
  • 見た目がとても鮮やかで食欲をそそります。味もにんにくのインパクトもありながらトマトでさっぱりと食べられる一品でした。


シャキシャキ豚キムチ丼

ひろだい学生めしレシピコンテスト

講評
  • ごぼうのシャキシャキ感が良いと思いました。
  • キムチのピリ辛な味付けとごぼうのシャキシャキ感がとても良く、ごはんがすすむ丼でした。中々積極的に食べることが少ないゴボウもこの丼ならたくさん食べられそうです。


麻婆りんご丼

ひろだい学生めしレシピコンテスト

講評
  • りんごの甘みがアクセントになっていました。片栗粉を常備しているといいですね。
  • 甘い辛いが口の中で交互に来て面白い味でした。もう少し色彩があれば見た目にもよいと思います。また、最後にごま油などあればさらに中華っぽくなるかと思いました。


地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学COI拠点 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 青森創生人財育成・定着推進協議会 大学コンソーシアム 学都ひろさき 弘前大学地域創生本部 Twitter公式アカウント