きかんしゃトーマスと英文学とイギリスの深い関係|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

きかんしゃトーマスと英文学とイギリスの深い関係

更新日 2020.12.27

2020年12月27日(2021年1月3日 午後7時再放送)
畑中 杏美さん(弘前大学人文社会科学部思想文芸講座 講師)
英文学というと、思い浮かぶのはシェークスピアくらいです。人によっては次にオスカーワイルドかジェーンオースティンが来るそうですが、ショージは知りません( ̄¬ ̄*)あ、ディケンズのクリスマスキャロルは読みましたよ、子どものころ。というふうに、意外に知られていない英文学。これを研究するってどんなことなんでしょうね。今回は新進気鋭の講師に、まさに「英文学を研究するって?」というテーマでお話しいただきます。しかも、その題材が「きかんしゃトーマス」!

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点