土壌を巡る水・熱・物質~私達の暮らしを支える土壌~|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

土壌を巡る水・熱・物質~私達の暮らしを支える土壌~

更新日 2020.08.16

2020年8月16日(2020年8月23日 午後7時再放送)
加藤 千尋さん(弘前大学農学生命科学部地域環境工学科)
土一升に金一升、なんて言葉は土地の値段が高いことを意味してますが、実はこの「土(土壌)」、モノとしてもとても価値の高いものなんだそうです。その価値を作っているのは土に出入りする水・熱・物質。具体的には土壌生物とか有機物とか降ったり照ったりなんでしょうけど。そういえば、エジプトはナイルの賜物、という言葉もありましたね。土壌は永遠不滅のものではなさそうですよ。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点