脳卒中片麻痺に対するリハビリテーション|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

脳卒中片麻痺に対するリハビリテーション

更新日 2020.03.08

2020年3月8日(2020年3月22日 午後7時再放送)
佐藤ちひろさん(弘前大学大学院保健学研究科総合リハビリテーション科学領域)
かつて日本人が亡くなる原因の第1位を占め続けた脳卒中。しかし今、救命救急をはじめ医学の総合的な進歩によってかなりの人が助かるようになりました。代わって課題として現れたのが、脳にダメージを与えた脳卒中からどのようにしたら回復し、社会復帰できるのだろうかということです。リハビリテーションは、これまでも脳卒中から回復し社会復帰に向けて努力する人たちの重要な支えとなってきました。身体と心の両面を支えるリハビリのいまをお伝えします。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点