古い芸能の動きを日常の身体の動かし方によみがえらせる|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

古い芸能の動きを日常の身体の動かし方によみがえらせる

更新日 2020.02.23

2020年2月23日(2020年3月1日 午後7時再放送)
下田雄次さん(弘前大学非常勤講師)
七五三やお正月、着物を着る機会がありますが、悩みの種は着崩れ。みなさんお悩みだと思います。ところが、歩き方ひとつで着崩れしにくくなるんだとか。さらに、重いものを担いだり、最近人気が出ている真剣による居合などにも伝統的な身体の動かし方の秘密が隠されているんだそうです。そして音楽。ねぷた囃子が音符に書き写されると、伝えることができるのに伝わらないものが生まれます。なんだかおもしろいんですよ。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点