肺癌について(2018年11月)|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

肺癌について(2018年11月)

更新日 2018.11.25

2018年11月25日(2018年12月2日午後7時再放送)
當麻 景章先生(弘前大学医学部附属病院呼吸器内科・感染症科)
肺がんは、罹患する人も多く、完治が難しいがんだと言われてきました。胃がんや大腸がんの治療が進んできている現在、肺がんの治療もどんどん進歩しています。とはいえ、肺がんも早期発見が一番のカギであることに変わりはありませんが。今日は殺細胞性抗がん剤・分子標的治療薬・免疫チェックポイント治療をメインに、肺がんのベストな治療法をお話します。そこのあなた、タバコはその辺に置いて聴きましょう。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点