金平糖の不思議~角の成長と雪道の凹凸(2018年10月)|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

金平糖の不思議~角の成長と雪道の凹凸(2018年10月)

更新日 2018.10.28

2018年10月28日(2018年11月4日午後7時再放送)
宮永 崇史先生(弘前大学大学院理工学研究科)
星 亜紀乃さん(アシスタント)
金平糖は食べたことがありますよね?食べるときにじっくり観察してみた人はあまりいないと思いますが、さて、金平糖の角は何本あったでしょう?じつはこの金平糖、角の数にある法則性があるのです。最初でき始めと、角が成長してからの数が違う上に、作り方によって角の出来方にも違いが・・・奥が深いですねぇ。え?そんなこと、なんの役に立つのかって?甘い!金平糖だけに?科学には一見、なんの役に立つのかわからない研究が、のちのちものすごいことに化けたって実例がたくさんあるんですよ。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点