ドラマは教育に何をもたらすか?|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

ドラマは教育に何をもたらすか?

更新日 2018.09.02

2018年9月2日(2018年9月9日午後7時再放送)
宮﨑 充治先生(弘前大学教育学部学校教育講座)
星 亜紀乃(佐藤)さん(アシスタント)
ドラマ教育って言っても学芸会じゃありません。ドラマチックな授業のことでもないのです。だれか観客に見せるためのものがシアターだとすれば、ドラマは観客のない表現の工夫、とでも言ったらいいでしょうか。でも、なんといっても周囲に対する信頼感があって、しかも表現することが楽しくなくちゃ始まりません。朝の会でいきなり「こんなことをやりましょう」と指導しても子どもたちはおいそれとはやってくれません。このへん、うっかりすると見逃してしまうポイントです。さて、学級経営に悩む新米先生、聴き逃しちゃだめですよ。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点