青森県にある健康に役立つ食材~栄養と機能の研究から|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

青森県にある健康に役立つ食材~栄養と機能の研究から

更新日 2017.12.31

2017年12月31日(2018年1月7日午後7時再放送)
岩井 邦久先生(弘前大学農学生命科学部食料資源学科)
みなさんもよくご存じのように、青森県は食材の宝庫です。しかも、全国一の収穫高・漁獲高という品目がりんごだけではなく、ニンニク、ゴボウ、アンズ、カシス、ワカサギ、コイなどなど、数えきれないほどです。そんなにたくさんあると、じゃぁ健康に役立つ食材は何よ?と思っちゃいますよね?今日はその中から知られていなさそうな食材を二つ取り上げます。どちらもみなさんの健康に役立つ食材ばかり。メモの準備をしてお聴きください。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点