人間とウイルスとの関係について|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

人間とウイルスとの関係について

更新日 2017.04.23

2017年4月23日(2017年4月30日午後7時再放送)
森田 英嗣先生(弘前大学農学生命科学部分子生命科学科 細胞分子生物学分野)、鈴木 優美さん(アシスタント)
ウイルスといっても、パソコンに襲い掛かるウイルスではなく、今回は「本家」ウイルスです。冬になると猛威を振るうインフルエンザ、発見当時世界を恐怖に陥れたエイズウイルス、リオデジャネイロオリンピックをあわや中止という危機に追い込んだジカウイルス。人間社会にとってウイルスは敵役のイメージが強いのですが、その実際の姿はあまり知られていません。ウイルスが生物なのか?というそもそもの疑問、あなたはわかりますか?そして、意外なことにわれわれにとってウイルスが必要不可欠な存在だったこともわかっています。ウイルスははたして我々の味方か?お聴きください。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点