がん患者のQOL~がんとともによりよく生きるために~|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

がん患者のQOL~がんとともによりよく生きるために~

更新日 2016.10.02

2016年10月2日(2016年11月6日午後7時再放送)
藤田 あけみ先生(弘前大学大学院保健学研究科看護学領域)
芹川 未来さん(アシスタント)
いまや「日本人の2人に1人はがんになる」といわれている時代です。診断技術の向上もあとはいえこう言われると不安になります(実際には現役世代の場合10人に1人以下の確率だそうですが)。がんとの闘いは診断されてから実に長いものになるわけで、これまでの生活が一変してしまうという負担は大変なもののようです。そこにはご本人・家族とともに医療スタッフの支援がぜひとも必要です。今日は、その医療側の支援について、時系列に沿って解説します。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点