学校美術では子どもたちに何を教えているの?|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

学校美術では子どもたちに何を教えているの?

更新日 2015.05.24

2015年5月24日(5月31日午後7時再放送)
蝦名敦子先生(弘前大学教育学部美術教育講座)
佐藤亜紀乃さん(アシスタント)
みなさんは小学校でのお絵かきの時間、楽しかったですか?絵心のないショージは絵も粘土細工もいい作品は皆無でしたが、それなりに楽しかった記憶があります。テストの成績がはっきりわかる国語や理科と違って、図工・美術はどうやって評価するのかとても疑問でした。まして、児童・生徒に教える基準なんてあるのかしら?というのが正直な思いです。さぁ、果たして学校は図工・美術をどのように教えているのでしょう。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点