発達障害と感覚統合について|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

発達障害と感覚統合について

更新日 2015.05.03

2015年5月3日(5月17日午後7時再放送)
野田美保子先生(弘前大学大学院保健学研究科健康支援科学領域老年保健学分野) 中嶋もも子さん(アシスタント)
初めからネタばらしをしちゃいますが、今回のお話は発達障害の子について、そのようすや発達のためのサポートについてお話します。お話するんですが、学会発表とは違ってこのような状態の子がどうこう、といった分析については触れていません。また、発達障害がその子の個性であることは言うまでもありません。なので、お話全体としてはそれぞれの年齢で子どもにとって遊びがいかに大切かを訴える、という感じになっています。そのあたりをお含みの上お聴きください。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点