バイオメカニクスとりんごの枝とドイツの暮らし|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

バイオメカニクスとりんごの枝とドイツの暮らし

更新日 2015.02.15

2015年2月15(2月22日午後7時再放送)
藤﨑 和弘先生(弘前大学大学院理工学研究科(理工学部知能機械工学科))
雪がたくさん積もると、りんごの木が枝折れして大変なことになります。いっぽう、人間の方は、年をとるに従って骨折の危険が多くなります。一見なんの関係もなさそうなこの2つのこと、実は今日の講師にとってはとても密接なつながりがあるのです。人間の動作と構造からさまざまなことを解明するバイオメカニクスの面白さを語っていただきます。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点