漢字の音読みの歴史 ★音源公開中★|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

漢字の音読みの歴史 ★音源公開中★

更新日 2012.06.24

2012年6月24日(7月1日午後7時再放送)
石山 裕慈先生(弘前大学教育学部 国語教育講座)

漢字のテストで「なんで漢字っていくつも読み方があるんだろ。音読みと訓読み、しかも音読みは2種類も3種類もあるんだよな」なんて愚痴が出たことがありますよね。「言う」という漢字も、「ゲン」と「ゴン」の2つの読み方を区別しなけりゃいけません。こんな面倒な読み方、いつ頃からなんでしょうね。出来ればそのころにタイムスリップして一種類にまとめてやりたい!と思いますよ、ホント。

6月24日放送りんご王国こうぎょくカレッジ音声データはこちらから

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点