目玉模様の進化の研究からリンゴで免疫賦活剤ができた!|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

目玉模様の進化の研究からリンゴで免疫賦活剤ができた!

更新日 2011.02.20

2011年2月20日(2月27日再放送)
城田安幸先生(弘前大学農学生命科学部生物学科)
一日一個のりんごは医者を遠ざける、とか、りんごが赤く色づく頃に医者は青ざめる、とか、りんごが健康に良いことを指摘する箴言はいろいろあります。で、今日のお話は目玉模様とりんごの健康話。はて、この二つにどんな関係があるというのでしょう。お話ししてくださるのは目玉模様でカラスを退治したあの城田先生。さぁさぁ、ちょいとお耳を拝借しますよ。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点