『急がなければ大変なケガ』とはどういうものか ★音源公開中★

更新日 2008.11.02

2008年11月2日(11月9日再放送)
藤 哲先生(弘前大学 大学院医学研究科 整形外科学講座)

見た目は最初たいしたことなさそうなのに、あとからひどく痛くなったり後遺症が残ったりするケガってありますよね。見るからに重傷っぽいケガと違って、うっかりすると後悔のタネになったり。そもそも、ケガをしたときに駆け込むお医者さんが整形外科だってこと、正直言ってショージも知りませんでした。今夜のお話しを伺ってからは、ケガしたら、ちゃんと診てもらう事にしよう、とつくづく思いましたね。

11月2日放送りんご王国こうぎょくカレッジ音声データはこちらから

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点