ダイズの老化 ★音源公開中★|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

ダイズの老化 ★音源公開中★

更新日 2008.06.01

2008年6月1日(6月8日再放送)
高田晃先生(弘前大学 農学生命科学部 分子生命科学科)

お米や大豆などは植物のタネです。タネは植物が増えるために作られます。植物としてのダイズなどはタネが、つまり大豆ができると枯れてしまいます。何気なく見過ごすようなこの現象は、実はダイズにとって大事な戦略だったのです。しかも、このことがダイズの『老化』のナゾをとくために重要な部分だったこともわかりました。老化の犯人は誰だったのでしょう・・・

6月1日放送りんご王国こうぎょくカレッジ音声データはこちらから

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点