産科医療のウラ話|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

産科医療のウラ話

更新日 2008.04.06

2008年4月6日(4月13日再放送)
三崎直子先生(弘前大学大学院 保険学研究科)
田中幹二先生(医学部附属病院 周産母子センター)
医学部6年 小野佐代子さん、熊坂諒大さん
保険学科4年 君島かおるさん、小林香奈さん
助産師にして母 高橋真沙子さん
いま、日本の産科は崩壊状態です。地方だけでなく、全国でそれは深刻な問題となっています。その理由はともかく、そんな状況でも、新しい生命の誕生をサポートする産科に参加しようとする若い医療従事者が続いていることもまた事実です。今日は、そんな、あかちゃんとお母さんを支える産科という領域で、未来を担う医療従事者を目指す若い人たちをお呼びしました。そして、彼らを指導する熱意溢れる人たちも。彼等はいかにして『学生』から『医療を担う人々』になっていくのか。また、そこで問題となるのはどんなことなのか。どうぞお聴きください。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点