ムダなものほど大切である|弘前大学 地域創生本部

地域特性を活かした施策
地域活性化施策の企画・立案

ムダなものほど大切である

更新日 2006.11.05

2006年11月5日(11月12日再放送)
山田史生先生 (弘前大学教育学部 国語教育講座)
世の中には「ムダ」なものが溢れているといわれます。しかし、物事を判断する基準は百人百様。ある人にとってのムダが別の人にとってもそうであるとは限りません。中国の思想家荘子も、物事を判断する物指しはいっぱいあるのだ、と言っています。今日は、その中国哲学と、一見何の関係もなさそうな尺八とを二つながら操る不思議な先生をお招きして、私たちの人生が決して間違いでもムダでもないというメッセージを送ります。

[カテゴリー:こうぎょくカレッジ]

地域課題に関する相談・お問い合わせ

地域創生本部は、産金学官民連携や地域連携の総合窓口として、地域課題に関するご相談・協働のご提案を承っております。

弘前大学 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学COI拠点 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 ボランティアセンター HUVC 弘前大学 COC+・COC事業 地(知)の拠点